英語圏でのお仕事の注意点

海外で英語を活かして仕事をしたい。
または、あまり言語には自信がないけれど、日本を離れて海外で勝負したい。

こういった考えをお持ちの方もいらっしゃることでしょう。
しかしながら、やはり日本国内で普通に仕事をするよりも、沢山の違いというものがあるものです。

ここでは、英語圏でお仕事をする際の注意点について紹介していきましょう。

企業文化の違いに注意

英語が活かせる国英語圏でお仕事をする場合に、まず注意すべき点としては、やはり企業文化が日本企業とは違っているという点です。

例えば、意思決定されるスピードというのは、格段に違っているのは注目すべき点でしょう。

日本企業の場合、それぞれの役職を追って、承認が得られて初めて意思決定というものがなされます。

そのために意見を一つ通すのでも、ミーティングやプレゼンなどを入念に行い、やっと意思決定がされます。
メリットは、ミスが少なくなり、品質が保たれることや、それによって信頼を得られることにあります。

しかし、英語圏の企業の場合には、上司がGOを出せば、部下は自由に動くことが出来ます。
ですから、意思決定が驚くほど早いわけです。

このため、失敗するリスクは高いのですが、それでも、新しいアイデアを他社に先に行われるよりもマシと考える傾向が強いのです。

日本企業の場合には、会社全体が評価される傾向が高いですが、英語圏の企業の場合には、上手くいこうと失敗しようと個人にその責任がかかってくる傾向があります。

責任の所在

他にも前述でも少し触れましたが、日本企業と英語圏の企業では、責任の所在が違っています。

日本企業の場合、チームやプロジェクトなどの大小の単位で集団を形成し、その中での貢献が求められます。

評価されるのも、当然にチームの誰か一人ではなく、チーム全体に与えられるのがスタンダードと言えるでしょう。

英語圏の企業の場合には、チームといった集団を形成することはなく、基本的に個人が独立してそれぞれの役割を担うという働き方になります。

ですから、企業の目的達成のために、個人個人が自分の得意分野や、やるべきことを活かし、仕事をして成果をあげ、貢献していく形になります。

その過程で個人が特別な成果を上げれば、それは個人の手柄として評価をされることになります。

その代わり、当然に失敗したり、成果が上がらなければ、それがそのまま個人の評価に繋がり、減給が行われたり、解雇されることも当たり前に存在しているのです。

プロセス重視や成果主義か?

海外の家最後に評価についてです。
日本企業は、費用対効果といって、企業が投資をした金額に対して、どのくらいの利益が上がったのかというのを評価します。

しかしながら、それだけではなく、そのプロセスをも評価対象になるわけです。
つまり過程に対しても、時間やコストを掛けるということです。

一方で英語圏の企業の場合には、費用対効果のみが評価基準になります。

結果が全てであり、結果を出せば、その間の過程などはどうでも良いという風潮が見られます。

ですから、日本企業のようにそのプロセス構築に時間や予算を掛けるといったことはありません。

違いが分からないとアピールすらも難しい

まだまだ企業文化の違いは存在しますが、英語圏の求人に応募する際に覚えておきたいのは、こういった違いです。

こういった違いを把握して就職活動を行わないと、就職後に随分苦労することはもちろん、自分をアピールすることすら難しくなってくることでしょう。

英語求人サイト

英語求人はキャリアクロス
◎https://www.careercross.com/job-search/speciality-25