暑い時期になると背中の汗が気になるので、何か対策を教えて下さい。

暑い時期になると背中の汗が気になるので、何か対策を教えて下さい。

背中の汗ジミは服の素材や色によってはかなり目立ってしまいますし、自分ではすぐに確認できない部分でもありますから注意が必要です。

背中の汗対策として役立つ方法を簡単にまとめてみました。

汗取りインナー

綿などの吸湿性の高い素材のものを選び、背中としっかりと覆ってくれるタンクトップやTシャツタイプのインナーであれば、汗染み対策としての効果は最も高いといえます。

制汗剤

背中に塗りにくいクリームタイプは避け、スプレータイプのものを選ぶのがベストです。

制汗剤スプレーを塗る前にしっかりと汗を拭き取ってから使用すると効果UP。

目立たない服

ポリエステル

綿やリネンは汗を吸いやすく汗染みが目立つため注意が必要ですから、汗を吸いにくく乾きやすいポリエステルを選ぶようにしましょう。

細かい柄

ボーダーやドット、花柄は汗染みを目立ちにくくしてくれますが、太いボーダーより細いボーダー、大きいドットより細かいドットのほうがより効果が高くなります。

白や黒

グレーやパステルカラーなどの淡い色は汗が目立ってしまうため、乾いている部分との差ができにくい白や黒、ネイビーなどの濃い色がおすすめです。

汗染み防止スプレー

水をはじいて汗染みを防いでくれる衣類用汗染み防止スプレーを使えば、洋服にスプレーするだけで効果抜群。

体温を下げる

血管の集中しているリンパ節を冷やすことで全身の熱を下げることができますから、冷たいペットボトルや缶で首の後や脇、太ももの付け根などを冷やして汗を抑えましょう。

青文字系ファッションとはどんなブランドがあるの

青文字系ファッションとはどんなブランドがあるの

ファッション用語で「青文字系」という言葉を聞いたことはないでしょうか?

ここでは青文字系がどんなファッションのことをいうのか、また青文字系ブランドにはどのようなものがあるのかをご紹介します。

青文字系ファッションとは

青文字系ファッションは簡単に言えば「自分が着たい服を着る」ファッションのことを言います。

男ウケ、他人ウケではなく、自分ウケで個性的な服、ちょっと派手な服のことを指しています。

主に原宿系ファッションが青文字系と同じような意味を持っていましたが、最近では青文字系ファッションも意味合いが幅広くなり、原宿系、ロリータ系、ガーリー系、古着ファッションが青文字系のジャンルに入ります。

青文字系と赤文字系の違い

青文字系の反対が赤文字系です。

赤文字系は一言で言えばコンサバ。

会社員の女性のオフィス着や女子大生に好まれるファッションで、「人から見てどう思われるか」が重要視されます。

モテやTPOを重視し、シンプルなコーディネートの傾向があるのが赤文字系です。

このように、赤文字系は人の評価を重視するファッションで、青文字系は自分が着たい服を着たいように着るファッションですので、オフィスでは赤文字系、休みの日は青文字系とファッションを使い分けている人も多くいます。

では、青文字系にはどのようなブランドがあるのでしょうか

青文字系ブランド

WEGO

レディースもメンズも取扱いがあり、カジュアルなコーディネートを作ることができるブランドです。

最近ではショッピングモールなどにも多く出店していて青文字系だけでなく、幅広い層に指示されているブランドです。

スピンズ

スピンズは原宿系のカジュアルブランド。

原宿のトレンドをいち早く取り入れています。

色違いで展開している商品も多いので、双子コーデをしたい青文字系女子に人気のブランドです。

MILK

MILKはガーリーなデザインのブランドでロリータ系女子にも愛用されています。

パステルカラーや苺柄など、女の子っぽいファッションを思いっきり楽しみたいときにおすすめです。

たまには自分らしく青文字系ブランドでコーデしてみては?

青文字系ファッションと青文字系ブランドについてご紹介しました。

普段シンプルなコーディネートをしている人でもたまにはいつもと違う服や派手な服を着たいと思うことがあるはず。

お出かけやちょっとしたイベントの時には青文字系ブランドを取り入れて自分らしいファッションを思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか。

参照:ファッションレンタル おすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする