悪質な熟女専門出会い系サイトの被害に遭っている人は少なくない

悪質な熟女専門出会い系サイトの被害に遭っている人は少なくない

援助交際関連の被害に遭っている人はけっこう多い

普通に暮らしていたら、けっしてお近づきになれないような若い女の子たちと、本番行為を楽しめてしまう援助交際。

この援助交際は、お金を積めば非常にいい思いができますが、しかし、援助交際にまつわるトラブルも実は、非常に多いのです。

このようなトラブルに巻き込まれてしまうと、多額のお金を失ってしまったり、あるいは、悪くすると逮捕されるという最悪のケースも考えられます。

万が一にもそんな目に遭わないためには、事前にきちんとそのようなトラブルの実例を調べ、対策を立てておくことが必要となります。

こういった、援助交際関連のトラブルに遭わないためには、いったいどうすればいいのでしょうか?

援助交際トラブルの実例

援助交際に関連するトラブルでよくあるのが、「シャワーを浴びている間にお金を盗られてしまった」という被害。

これは、もっとも基本的なトラブルです。

これを防ぐために、まず、現金は首からさげることのできるプラスチックのケースなどに入れていき、さらに、くれぐれも、運転免許証など、身元を特定されるものは、援助交際の現場に持っていなかいようにしましょう。

また、どうしてもそれらを携帯してでかけなければいけない場合は、コインロッカーに預けたうえで、その鍵も、現金と一緒にケースに入れてシャワーにまで持っていくといいでしょう。

そして、このほかに多いトラブルが、「あのときの援助交際で妊娠した」と、金銭を要求されるケース。これはかなり悪質なケースです。

しかし、妊娠という言葉に過度に反応して、お金を支払ってしまうのは早いです。

それはまず、相手の嘘かもしれません。

逆に後日にならないと請求されないため、いくらでも防ぎようがあります。

まず、身元を特定されない、という先ほどの鉄則は守ることとして、避妊をきっちりすること、そして、いざとなったらエコー検査の写真の提示などを要求しましょう。

このような援助交際に関連するトラブルの困った点が、被害に遭った側も、もとはといえば援助交際という違法行為をしているという自覚があるだけに、なかなか警察などに訴えることができず、泣き寝入りするしかないという点にあります。

たしかに、援助交際をしてトラブルに遭った場合、自分も逮捕されるのを覚悟で自首でもしなければ、相手を警察に訴えることもできません。

危ない橋を渡っているのだという自覚は、常に持つうようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする