初めてママ活をする人が気をつけるべきこととはなにか?

初めてママ活をする人が気をつけるべきこととはなにか?

ママ活をやることにはリスクが伴う

初めてママ活をやることにはいくつかのリスクが伴います。

  • 未成年者は犯罪にあたる
  • 体の関係を求められることがある
  • お金が貰えるという保障はない
  • 仲介詐欺にあうことがある

このように、ママ活をやることにはそれなりのリスクがありますので、しっかりママ友について学んでから始めるようにして、リスクを回避しましょう。

また、美人局の被害ではお金を騙し取られたり、物を盗られるなどのトラブルに巻き込まれることもありますので、できれば相手の身元を確認してから会う、人がいる場所でデートをするようにしましょう。

未成年者は犯罪にあたる

ママ活をしたいと思っても、18歳以下の未成年者は法律に触れてしまいます。

いくら高校を卒業していても年齢的にアウトですので、18歳以下の人は20歳になってからママ活をしましょう。

19歳の人でも補導されていますので、注意が必要です。

体の関係を求められることがある

ママ活で知り合った男性とは楽しく会話をしたり、食事をすることが多いですが、なかにはエッチがしたいと体を求めてくる女性もいます。

いきなり部屋やホテルに連れ込まれ、体の関係を求められることもありますので、注意が必要です。

お金が貰えるという保障はない

「デートをしたらお金をあげるわ」

と口約束をしたとしても、本当に貰えるという保障はありません。

相手がデートをして楽しくないと思えばお金をあげたくないと思うのです。

個人同士で出会い、付き合うママ活では、会社を通して金銭的なトラブルを避ける契約書を作成することもありませんので、お金が貰えなくても相手を訴えられない場合が多いのです。

仲介詐欺にあうことがある

お金持ちの女性と確実に出会えるように

「仲介してやる」

と持ちかける人には注意が必要です。

仲介するために、何十万円という仲介料を騙し取られた挙句、女性と出会えなかった男性が出てきています。

また、サイトへ誘導された挙句、登録料だの紹介料を騙し取られて、結局は女性と出会えない詐欺被害にあう男性もいますので、実際に起きた詐欺被害についてチェックし、ママ活を始める前に学ぶことが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする