カーディガンを上手に着こなすにはどうしたらいいでしょうか?

カーディガンを上手に着こなすにはどうしたらいいでしょうか?

便利なカーディガンを上手に着こなそう

寒暖の差が激しかったり、冷暖房が大活躍だったりする季節に重宝する、カーディガン。

いくつか持っていたいアイテムですよね。

ですからつい買ってしまい、クローゼットの中は羽織りものだらけ、なんてこともありがちです。

そんなカーディガンを上手に着まわすには、どんなところに気をつけたらよいのでしょうか?

着こなし①スマートに着こなしたいケース

カーディガンは、縦ラインを強調してくれますし、さりげなくウエストやお腹まわりをカバーできるので、着痩せ効果バツグンです。

よりスラッと演出したい場合は、薄手の生地で長めの丈のものを選び、前を開けてサラリと羽織りましょう。

インナーとカラーコントラストをつけて、シャープな雰囲気を作るのも効果的です。

反対に、短めのもの、厚手のもの、または薄すぎて体型が丸出しになってしまうものは避けましょう。

着こなし②やわらなか印象でモテたいケース

カーディガンをフワッと羽織るだけで、女ヂカラは爆上げです。

さらに効果を高めたいときは、カラーと素材、袖に注目しましょう。

カラーは優しげなパステル調のものがおすすめです。女性らしさを強調してくれるでしょう。

素材は、夏であればオーガンジーなどの透け感を楽しめるもの、冬ならモヘアなどの起毛系が、やわらかい印象を与えます。

袖は、とにかく可愛さを求めるのであれば、布をたっぷり使ったポワン袖。

スッキリした色気を出すのなら、ピッタリめの七分袖がよいでしょう。

また、丈はうんと短いか、ワンピースなみに長いものを選ぶと、少女らしい可愛さを感じさせることができます。

着こなし③ナチュラルガールを目指したいケース

ナチュラルな雰囲気を出すには、やっぱり自然素材がおすすめ。

綿や麻、ウールで、色もアースカラーをチョイスしましょう。

デザインもシンプルなものや、アラン模様などの伝統的な編み地のもを選ぶと、ナチュラル感がアップします。

大きめな木のボタンや、麻のリボンなどでアクセントをつけても、楽しいですね。

必ず試着して自分に合ったものを

理想の自分を求めてアイテム選びをしがちですが、それが本当に自分に合っているのか、一度客観的に見てみることも大事です。

肌の色にマッチしているか、体型に合っている丈か、雰囲気はズレていないか、などなど。

お出かけ前に、全身を映せる鏡でチェックしてみるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする