恋人とセフレの違いについて

恋人とセフレの違いについて

高校や大学を卒業し、社会人になってしまうと、お互いに時間が合わなくなり、友達と疎遠になってしまったり、恋人と破局してしまったりと、今まで大切に思っていた人たちとの関係が希薄になってきてしまいます。

そうなってくると、新しい友人や恋人が欲しいと思うようになるのですが、社会ではなかなか出会いがなく、今ではインターネット上で出会う人がほとんどです。

そして、恋人ではなく、セフレという関係を持ちたいと思っている大人たちも現在では増えています。

大人の出会いというものは、なかなかそう簡単にはいきません。

それに、仕事も忙しく、恋人ができたとしても、恋人のために時間を取ることができず、結局は破局してしまうのです。

あまり仕事が忙しくない人であれば良いのですが、仕事が忙しい人になってしまうと、恋人が欲しいと思いながらも、それが煩わしいと思ってしまう人もいるのです。

ですから、好きな時に会い、好きな時にセックスができる”セフレ”という関係を望んでいる人が増えているのです。

大人の出会いをサポートしている出会い系サイトが今ではたくさんあります。

そういったサイトで、恋人ではなくセフレを募集している人達がたくさんいます。

もし恋人ではなく、セフレが欲しいと思っているのであれば、そういったサイトでセフレを募集してみてはどうでしょうか。

投稿するのは抵抗があるという人は、すでに、セフレを募集している女性に自分からメッセージを送ってみると良いでしょう。

もちろん、ただのセフレといっても、お互いに条件はあるはずですから、しっかりと相談した上で、実際に会うようにしましょう。

セフレという関係でも、そのまま恋愛関係に発展してしまう場合もあります。

お互いに相手に恋をしてしまうものであれば問題ないのですが、片方だけが相手に恋をしてしまっている状態だと、それはセフレという関係が成り立たなくなってしまいます。

セフレはセックスをするためだけの相手ですから、相手に恋愛感情を持ってしまうと、自分が辛くなるだけです。

ですから、もし相手に恋をしてしまった場合は、相手にそのことを告げ、もう会うのはやめたほうが良いでしょう。

もし相手も自分のことを想ってくれていたのであれば、そのまま恋人という関係になっても良いのではないでしょうか。

セフレという関係は、壊れやすく、そして儚いものです。

セックスをしている時だけ恋人気分になれるものですが、それでもセックスが終わってしまうと、何とも言えない気持ちになってしまいます。

それでも、恋人ではなくセフレという関係を望んでいる大人の人達が多いのが現実です。

できればセフレではなく、恋人になれるような相手を探してみてはどうでしょうか。

セフレという関係は、周りの友人にもなかなか言いづらいでしょうし、誰かに見られた時に恋人だと嘘をつくのも、あとから罪悪感がこみ上げてきます。

完全に気持ちを割り切ることができるのであれば、セフレという関係も良いかもしれませんが、割り切れる自信がない人は、セフレというものは作らない方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする