何回もやっている熟女は交渉上手?

何回もやっている熟女は交渉上手?

何回もやっている女の子は交渉上手?

当然ながら、援助交際をしている女の子には、まったく初めて、という子もいれば、かなり何度もやって手馴れている、という子もいます。

「慣れていようがなんだろうが、どちらでもかまわない」という人はいいのですが、「不慣れで緊張した感じを楽しみたい」あるいは「金額やサービスなど、なるべくこちらが主導権を握って交渉したい」という方は、やはり不慣れな女の子のほうがおすすめ。

とくに、援デリ嬢など、職業的な援助交際にひっかかりたくない方は、このような「手馴れている感」を見抜けるかどうかが重大なポイントとなります。

では、このように慣れている女の子とそうでない女の子は、どうやって見分けたらいいのでしょうか?

慣れている女の子の見分け方

援助交際に慣れている女の子の特徴としては、やはり会う前の、条件の交渉に手慣れた感がある、ということが挙げられます。

このことが、慣れているかどうかの重要な指標になります。特に、最初のメールでの交渉が手っ取り早いことが多いです。

このような交渉を、とくに、有料の掲示板などでおこなう場合、無効はこちらがポイントを消費していることを知っていますので、なおさら、手っ取り早く済ませようとしてきます。

隠語を使うのはもちろんですが、「ディープキスNG」「2回目は別料金」など、こまかい条件をあらかじめ提示してくるということも特徴です。

逆に、「この子はあまりに交渉に慣れすぎている」という場合は、その女の子が援デリ嬢であるおそれもあります。このような援デリ嬢は、ホテルを指定してくる、金額交渉には応じてくれない、というのが特徴。

また、メールのやりとりにおいては、非常に短時間で長い文章を返してくることで見分けることができます。何度も職業的に援交をおこなっている女性は、交渉条件などの定型文を用意しているからです。

ただの援デリならよいのですが、なかには美人局などのかなり悪質な行為をおこなう相手もいるため、念のため、ホテルは相手に指定させないなどの対策をとったほうがよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする