ママ活のお手当てには贈与税がかかるって本当ですか?

ママ活のお手当てには贈与税がかかるって本当ですか?

ママ活のような個人間のお金のやり取りであっても、かかってくるのが贈与税です。

申告をしなければ、罰金が加算されより多くの税金を支払わなければいけなくなるため、収入が一定額を超えた場合は、忘れず申告・納税をしておくことが大切です。

110万円を超えたら贈与税

ママ活で受け取った金額が、1年で110万円を超えている場合は、上回った金額に贈与税がかかることになります。

110万円というのは、贈与税の基礎控除となる金額で、この範囲内であれば申告をする必要はありません。

ただ、親からも贈与を受けているなど、ママ活以外にも贈与税の対象となる支援などがある場合は、合算して計算をする必要があります。

申告は面倒と感じるのであれば、お手当てが110万円を超えない範囲でママ活をしていくと良いでしょう。

プレゼントにも注意を

贈与税の対象となるのは、現金のみとは限りません。

ママ活では現金でのお手当て以外に、プレゼントを貰えることも多いものです。

物という形であれば、申告をしなくてもバレないと考える人もいるでしょう。

しかし、貰ったブランド品をSNSなどで自慢すれば、そこで現金以外にも色々な物を受け取っていることがバレることは少なくありません。

お手当て以外にも、現金的な価値がある物を受け取っているのであれば、その金額も含めた状態で申告をしておくことが大切です。

安心してママ活を続けていくためには、お手当てやプレゼントを受け取ったら、その記録をつける癖をつけておくと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする